南 武 線 事故。 運行情報|東武鉄道公式サイト

武 線 事故 南

茨城県のとは別)が発足することとなっていた。 事故列車の先頭車は廃車となった。

20
詳細は「」を参照 船橋駅構内追突事故 [ ] (昭和47年) 午前7時21分ごろ で駅構内の信号機トラブルにより停車中の緩行線上り613C列車(中野行き、10両編成)に、後続の緩行線上り711C列車(三鷹行き、101系10両編成)が追突し、711Cの6両目が脱線し、758名が負傷した。 死傷者はない。
武 線 事故 南

この事故で損傷した宇治山田方先頭車のモ10007は流線型の前頭形状をやめてに準じた貫通型で翌に復旧したが、4年後のには廃車された。

13
10月11日に青梅線として営業廃止され、五日市線の立川駅 - 武蔵上ノ原駅間とともに青梅線の一部()となっている。 広島電鉄宮島線多重衝突事故 [ ] (昭和25年)8時45分頃 西側の踏切にて、自動車と上り電車が衝突。
武 線 事故 南

中央線東中野駅列車追突事故 [ ] 1988年(昭和63年) () JR東日本のに停車中の津田沼発中野行き下り普通805C列車(10両編成)に後続の千葉発中野行き下り普通835B列車(10両編成)が追突し、後続列車の運転士と乗客1名が死亡、116名が重軽傷を負い、両端の車両を除く18両が廃車となった。 「第一富士」脱線事故 [ ] 1964年(昭和39年) 10時7分ごろ - 間(当時は未開業)を走行中の発行き下り「」が、踏切内のと激突し、先頭から6両目までが脱線した。

4
貨車の入れ替え作業は、電車が行き交うダイヤの隙間を使って行われていたが、時間にして5-6分しか余裕がなく最初から無理な作業であった。 その後も身延線へ投入されたや、、、、、、といった後継車両においても、必ずパンタグラフ部の屋根高を低く抑えた車両や、が搭載されている。
武 線 事故 南

各駅停車の運転区間も快速と同様に全区間となった。 南多摩駅を発車すると神奈川県道・東京都道9号川崎府中線(府中街道)を跨ぎ、右にカーブして北西を向く。

4
続く2日間降り止んだ後、7月10日から降り始め、7月11日8時までに95 mm、全体で12日間に540 mmの累計雨量だった。 事故原因はのために線路に突っ込んでいたトラックがあったため、上り電車は三本木駅からの指示により停車していたが、そのトラックが自力で脱出したことから、車掌が三本木駅に連絡せず独断で運行を再開した。
武 線 事故 南

(平成16年)12月:本線用の103系が定期運用を終了した。 概要 [ ] 東京地区の()の路線の一つであり、神奈川県の川崎駅と東京都の立川駅を結ぶ路線で、川崎市をその細長い形に沿うように貫く動脈である。

15
寝台特急日本海北陸トンネル列車火災事故 [ ] 1969年(昭和44年)12月6日 6時20分ごろ 北陸本線敦賀 - 今庄間の内を走行中の青森発大阪行き寝台特急「」の最前部電源車から火災が発生した。
武 線 事故 南

2人は即死したが181列車の機関士が非常制動を執ったところ同駅が急角度のカーブであったのが災いし、牽引蒸気機関車が浮き上がり、貨車38両のうち21両が脱線した。 鹿島田駅を発車すると国道409号と交差、間もなく(川崎堀)を渡りに入る。 阪神の木造車の車体利用の14m級の201・202と、南海の木造車の車体利用の16m級D141D141D正面5枚窓の203。

2
しかし、東海道線や工業地帯と中央線を結ぶ重要路線であること、重要物資の石灰石を輸送していること、軍事施設や重要工場が沿線に存在することなど軍事上重要な路線だという理由で、1944年4月1日に指定で国有化されの南武線となった。 (1928年 - 1929年日立製作所製BB箱形50t。
武 線 事故 南

国鉄は車両の増結と複線化工事の実施などで輸送力増強を進め、後半には6両化と全線の複線化(1966年9月30日)を完成させた。 その当時、京浜線電車に使用していたのの粗悪な構造が死傷者を多くしたとして、の安全対策強化の契機となった。

8
76km)が延伸開業。 府中本町駅以北に限れば2014年3月改正時点で、南武線の府中本町駅 - 立川駅を経由して武蔵野線と中央本線を結ぶが、1日6往復(うち4往復は石油輸送列車とその返空)、専用貨物列車は1日2往復運行されている。