お中元 期間。 お中元の時期2020はいつからいつまで?関東や関西は?過ぎたら?

期間 お中元

お中元の時期はいつからいつまで? お中元とは簡単に言うと、お世話になった方への感謝をカタチに変えて贈る贈答品です。 今年は、贈られなかったとなれば、がっかりさせてしまうでしょう。 下記にご紹介します。

都市部では12月初旬から届き始めるようです。 理由として、関東・東北はお中元の期間が短いことが挙げられます。
期間 お中元

また、関東と関西以外の地域でも少しお中元の時期が違ってくるので、それぞれ紹介していきます。 お中元の時期が過ぎてしまった場合 お中元の時期を過ぎてしまった場合についてですが、 その時はのしの表書きの「御中元」という表記を「暑中御見舞」または「残暑御見舞」とします。 しかし、その時期が9月にさしかかっているとすれば、「お歳暮」に切り替えて贈る方が無難でしょう。

17
ちなみに2018年は「8月23日~8月25日」が旧盆にあたるため、この3日間のうちにお中元が届くように配送します。
期間 お中元

どうか皆々様にもよろしくお伝えください。 この道教の中元の儀式が中国から日本に伝わり、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と一体化して仏を供養する儀式となりました。

3
『アドレス帳』機能で、複数の依頼主・お届け先情報をまとめて事前登録(最大998件)することもでき、以後の買い物では名前・住所登録が省略できる。
期間 お中元

皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 そんな方々に感謝の気持ちを表すことができるのがお中元やお歳暮。 そして『大人になった・社会に出た・結婚をした』などを機に、大人のマナーとも言えるお中元を意識しているかもしれませんね。

20
百貨店友の会・積立• お隣の国、韓国でもお中元やお歳暮に似た習慣があり、旧暦8月15日と旧正月に肉類や調味料などを贈るようです。 なんと6月下旬から贈りはじめる方もいます。
期間 お中元

どうしても1年に2回送らないと気が済まない、もしくは特別にお世話になりその時期におくる理由がある場合は「御礼」などという表書きで、季節に関係のない贈り物としておくります。 お中元を贈る時のマナーは? お中元は、普段お世話になっている方や目上の方に、感謝の気持ちや健康を願う気持ちを込めて贈るもので、今後もお付き合いを続けたいという意味合いもあります。

暑中見舞いや残暑見舞いの場合も同様です。
期間 お中元

様々な場合の「手渡しするときの注意点」についてご紹介いたします。 お中元の時期を大きく過ぎたら残暑見舞いを贈る お中元を8月に贈るのは遅いと感じる方もあるので、残暑見舞いを贈る時期は、立秋以降の8月7日から8月31日です。

喪中の人が贈るのも、喪中の相手あてに贈るのもOKです。
期間 お中元

しかしこちらも他の地域同様、お中元時期が早まる傾向にありますので、早めの配送を意識しておくと良いのではないでしょうか。 評価を上げてもらうなどの目的を持った品を受け取っても、さして嬉しくはありません。 しかし4月や5月など、明らかに早い時期に贈るということは、「なぜこのような時期に?」と贈り先の方に理解されないことにつながります。

20
どちらの期間に届けるのかを迷う場合には、両方にかかる7月15日頃に届くようにすると無難です。 二つまとめて盆歳暮などとも呼ばれます。
期間 お中元

明治5年に改暦されるまでは、お盆は旧暦の7月15日でした。 時期外して贈ってない?お中元の期間・正しくはいつまでか確かめよう! お中元の正しい期間というのは いつなのでしょうか? これは、住んでいる地域によって 変わってきます。 お中元が間に合わない場合はのしの表書きを変えよう お中元の時期が間に合わなかった場合は、のしの表書きを変えて贈れば問題ありません。

5
ただし、不幸からあまり時間が経っていない場合は、 時期をずらして、暑中見舞い、又は残暑見舞いとして贈るのが無難です。 ですがまだ全国共通とはなったわけではありませんので、各地域ごとのお中元の時期というのを知っておくに越したことはありません。