命 に ふさわしい 歌詞。 amazarashiさんの『命にふさわしい』を聞いたのですが、解釈...

に 歌詞 命 ふさわしい

その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰 Powered by この曲を購入する. 通常盤と初回生産限定盤の2種類が発売された。 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 試聴する KKBOXを起動 命にふさわしい 作詞:秋田ひろむ 作曲:秋田ひろむ 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 好きな人ができて、その人を求め触れ合った 無意識に人の温みを求めるこの好きという感情 好きになった人とはうまく行かず、 近づけた顔がまるで土に汚れるような目にあったけど そうやって欲しい物を求めた事こそがこの人生にはふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい うまく行かなかった俺を罵ったカスどもは 俺の何がわかってるんだ 人の好きを罵るお前らはどれほどの人間なんだ お前らへのこの怒りも俺が前に進むための理由になる 前に進むことができるならこの怒りもこの人生にはふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 好きな人と結ばれずに流した涙を時間が解決してくれるんだと そんなことはないのに、こりもせず、時間を無駄にし続けた そんな日々は無駄だと、前に進むと決めた日 俺は全部を糧に前に進んでやるんだと決めた日 前に進めた時、こんな過去も全部報われるんだ 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 好きな人のためなら世界すら滅ぼしてもよかった だけど分かり合うことはできなかった 孤独な人間と孤独な人間がわかり合えるわけがない 好きだった人よ、君はどんな人生を歩んできたというんだ 傷ついてるのに笑うなんて歪んでる そんな歪んだ君は俺には理解できなかった そんな歪んだ君に期待する心なんて無かったら あんなに悲しむことなんてなかったのに 俺は君が好きだった、君のためなら世界を滅ぼしてもいい 君とならわかり合えると思った 君の事が好きだったから悲しかった 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 理想を分かち合う友達が出来た その友達と一緒に前に進むため 歩幅を君にあわせて落としさえもした そんな友達だと信じたのに、君は俺を裏切った 裏切られてもよかったと自嘲して酒に溺れたあの夜 酩酊して迎えた夜明け、友達じゃなかったと気付いたあの朝 目が覚めたあの朝こそこの人生にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 友達に裏切られたことを埋め合わすものを探していたけど そうじゃなくて裏切られたことさえも俺の糧になったんだ それを全部飲み込んで俺はこの人生に逆転してやる 裏切って縁が切れた友達だった君のことも 俺の人生に必要な旅路だったんだと言ってやる 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 世界を欺いてでも一緒に進もうと歩んできた 友達だった君よ 一人でも戦うという気概がなくて 寂しがり屋のカス同士群れて俺を裏切った君よ 友達だった人よ、君はいったいどんな人生を歩んできたというんだ 俺のことを裏切ってそれが当然だというような顔をしやがって お前みたいなやつを友達だと、信じられると思う心さえなかったなら あんなに悲しむことなんてなかったのに 理想をともに出来る友達ができたと嬉しかったのに 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただただそれこそが 命にふさわしい ついに愛する人を得た、結ばれたと思った 君がそうしろっていうから、本当に大事にしていたものを壊してきた 愛する君と一緒に居るためにたくさん我慢をしてきた でも君と一緒に居られ続けるなんて、君との愛は本物だと そんな願いはあっけなく打ち砕かれた、君は去っていった この辛い思い出を噛み締めて、それを糧にして進むよ 滑落したらザイルを握ってくれる人は誰もいない 誰も支えてくれなくても一人でも俺は自分の人生を戦うと そう思って踏み出すこの一歩こそがこの人生にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる ついに愛した人にも裏切られ 俺は何かに期待する心を失くしてしまったと思う 好きな人、友達、愛する人 そういったものに期待する心を失くしたからといって 引き換えに俺に残ったものは、悲しみじゃなかったはずだ 俺の人生には何があった?俺の人生はどうだった? 俺の人生は今こうして戦っている俺だ 今一人で戦う俺こそが俺の人生の答えだ 心さえなかったなら 光と陰 俺の人生には陰ばかりだった、信じたもの全てに裏切られた だけど、だから俺には光が見えた 俺は一人でも戦うんだ 光が見えるから 俺には光が見えるから そっちに向かって進むんだ 俺は一人でも進むんだ、戦うんだ. ライブに感銘を受けたヨコオタロウは、新作『NieR:Automata』を基にした楽曲と絵本の制作を提案。

6
ロボットはやがて感情が芽生え破壊する行為に躊躇いを感じます。
に 歌詞 命 ふさわしい

傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? 長文申し訳ありません。 。 ロボットに芽生えてしまった感情を強制的に修正させたのは人間。

15
好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰. その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。
に 歌詞 命 ふさわしい

歌手: 作詞: 作曲: 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰. amazarashi アマザラシ 命にふさわしい 作詞:秋田ひろむ 作曲:秋田ひろむ 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど もっと沢山の歌詞は そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰. それなのに、人間以外の物、つまりロボットなどにそういった感情が芽生えることを許さない人間の残酷さを表現しているのではないかと解釈しました。

8
また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。
に 歌詞 命 ふさわしい

収録曲 [ ] 全作詞・作曲: 秋田ひろむ。 「命にふさわしい acoustic version」 秋田ひろむ 秋田ひろむ 6:00. amazarashiさん『命にふさわしい』の歌詞 イノチニフサワシイ words by アキタヒロム music by アキタヒロム Performed by アマザラシ. 破壊活動を続けるロボットが残酷ではなく、それをさせてる人間が最も残酷な生きものなのだと感じました。 秋田はそのプロットと『NieR:Automata』の物語を基に新曲「命にふさわしい」を書き下ろした。

15
amazarashi 命にふさわしい 作詞:秋田ひろむ 作曲:秋田ひろむ 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど 更多更詳盡歌詞 在 そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた 願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと 思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい 心を失くすのに値した その喪失は 喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった? その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえなかったなら 光と陰. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 好 すきな 人 ひとができた 確 たしかに 触 ふれ 合 あった アスファルトより 土 つち 鋼鉄 こうてつより 人肌 ひとはだ 無意識 むいしきに 選 えらぶのが 冷 つめたさより 温 ぬくみなら その 汚 よごれた 顔 かおこそ 命 いのちにふさわしい 身 みの 程知 ほどしらずと ののしった 奴 やつらの 身 みの 程知 ほどしらなさを 散々歌 さんざんうたうのだ 前 まえに 進 すすむ 為 ために 理由 りゆうが 必要 ひつようなら 怒 いかりであれなんであれ 命 いのちにふさわしい こぼれた 涙 なみだを 蒸発 じょうはつさせる 為 ために 陽 ひが 照 てる 朝 あさを 飽 あきもせず こりもせず 待 まっている 待 まっている 全部 ぜんぶを 無駄 むだにした 日 ひから 僕 ぼくは 虎視眈々 こしたんたんと 描 えがいてた 全部 ぜんぶが 報 むくわれる 朝 あさを 世界 せかいを 滅 ほろぼすに 値 あたいする その 温 ぬくもりは 二人 ふたりになれなかった 孤独 こどくと 孤独 こどくでは 道 みちすがら 何 なにがあった? 傷 きずついて 笑 わらうその 癖 くせは そんなに 悲 かなしむことなんて 無 なかったのにな 心 こころさえなかったなら 友達 ともだちができた 理想 りそうを 分 わかち 合 あった 向 むかうべき 場所 ばしょに 歩幅 ほはばすら 共 ともにした 裏切 うらぎられたっていいと 道端 みちばたひれ 伏 ふすような 酩酊 めいていの 夜明 よあけこそ 命 いのちにふさわしい 失 なくした 何 なにかの 埋 うめ 合 あわせを 探 さがしてばかりいるけど そうじゃなく 喪失 そうしつも 正解 せいかいと 言 いえるような 逆転劇 ぎゃくてんげきを 期待 きたいしてる そしてそれは 決 けっして 不可能 ふかのうじゃない 途絶 とだえた 足跡 あしあとも 旅路 たびじと 呼 よべ 世界 せかいを 欺 あざむくに 値 あたいする 僕 ぼくらのこれまでは 一人 ひとりになれなかった 寂 さみしがりや 共 どもが 集 つどって 道 みちすがら 何 なにがあった? 傷 きずつけて 当然 とうぜんな 顔 かおして そんなに 悲 かなしむことなんて 無 なかったのにな 心 こころさえなかったなら 愛 あいした 物 ものを 守 まもりたい 故 ゆえに 壊 こわしてしまった 数々 かずかず あっけなく 打 うち 砕 くだかれた 願 ねがいの 数々 かずかず その 破片 はへんを 裸足 はだしで 渡 わたるような 次 つぎの 一歩 いっぽで 滑落 かつらくして そこで 死 しんでもいいと 思 おもえる 一歩 いっぽこそ ただ、ただ、それこそが 命 いのちにふさわしい 心 こころを 失 なくすのに 値 あたいした その 喪失 そうしつは 喜 よろこびと 悲 かなしみは 引 ひき 換 かえじゃなかったはずだ 道 みちすがら 何 なにがあった? その 答 こたえこそ 今 いまの 僕 ぼくで 希望 きぼうなんて いとも 容易 たやすく 投 なげ 捨 すてる 事 ことはできる 心 こころさえなかったなら 光 ひかりと 陰 かげ 好 su きな kina 人 hito ができた gadekita 確 tashi かに kani 触 fu れ re 合 a った tta アスファルト asufaruto より yori 土 tsuchi 鋼鉄 koutetsu より yori 人肌 hitohada 無意識 muishiki に ni 選 era ぶのが bunoga 冷 tsume たさより tasayori 温 nuku みなら minara その sono 汚 yogo れた reta 顔 kao こそ koso 命 inochi にふさわしい nifusawashii 身 mi の no 程知 hodoshi らずと razuto ののしった nonoshitta 奴 yatsu らの rano 身 mi の no 程知 hodoshi らなさを ranasawo 散々歌 sanzanuta うのだ unoda 前 mae に ni 進 susu む mu 為 tame に ni 理由 riyuu が ga 必要 hitsuyou なら nara 怒 ika りであれなんであれ ridearenandeare 命 inochi にふさわしい nifusawashii こぼれた koboreta 涙 namida を wo 蒸発 jouhatsu させる saseru 為 tame に ni 陽 hi が ga 照 te る ru 朝 asa を wo 飽 a きもせず kimosezu こりもせず korimosezu 待 ma っている tteiru 待 ma っている tteiru 全部 zenbu を wo 無駄 muda にした nishita 日 hi から kara 僕 boku は ha 虎視眈々 koshitantan と to 描 ega いてた iteta 全部 zenbu が ga 報 muku われる wareru 朝 asa を wo 世界 sekai を wo 滅 horo ぼすに bosuni 値 atai する suru その sono 温 nuku もりは moriha 二人 futari になれなかった ninarenakatta 孤独 kodoku と to 孤独 kodoku では deha 道 michi すがら sugara 何 nani があった gaatta? 傷 kizu ついて tsuite 笑 wara うその usono 癖 kuse は ha そんなに sonnani 悲 kana しむことなんて shimukotonante 無 na かったのにな kattanonina 心 kokoro さえなかったなら saenakattanara 友達 tomodachi ができた gadekita 理想 risou を wo 分 wa かち kachi 合 a った tta 向 mu かうべき kaubeki 場所 basyo に ni 歩幅 hohaba すら sura 共 tomo にした nishita 裏切 uragi られたっていいと raretatteiito 道端 michibata ひれ hire 伏 fu すような suyouna 酩酊 meitei の no 夜明 yoa けこそ kekoso 命 inochi にふさわしい nifusawashii 失 na くした kushita 何 nani かの kano 埋 u め me 合 a わせを wasewo 探 saga してばかりいるけど shitebakariirukedo そうじゃなく soujanaku 喪失 soushitsu も mo 正解 seikai と to 言 i えるような eruyouna 逆転劇 gyakutengeki を wo 期待 kitai してる shiteru そしてそれは soshitesoreha 決 kextu して shite 不可能 fukanou じゃない janai 途絶 toda えた eta 足跡 ashiato も mo 旅路 tabiji と to 呼 yo べ be 世界 sekai を wo 欺 azamu くに kuni 値 atai する suru 僕 boku らのこれまでは ranokoremadeha 一人 hitori になれなかった ninarenakatta 寂 sami しがりや shigariya 共 domo が ga 集 tsudo って tte 道 michi すがら sugara 何 nani があった gaatta? 傷 kizu つけて tsukete 当然 touzen な na 顔 kao して shite そんなに sonnani 悲 kana しむことなんて shimukotonante 無 na かったのにな kattanonina 心 kokoro さえなかったなら saenakattanara 愛 ai した shita 物 mono を wo 守 mamo りたい ritai 故 yue に ni 壊 kowa してしまった shiteshimatta 数々 kazukazu あっけなく akkenaku 打 u ち chi 砕 kuda かれた kareta 願 nega いの ino 数々 kazukazu その sono 破片 hahen を wo 裸足 hadashi で de 渡 wata るような ruyouna 次 tsugi の no 一歩 ippo で de 滑落 katsuraku して shite そこで sokode 死 shi んでもいいと ndemoiito 思 omo える eru 一歩 ippo こそ koso ただ tada、 ただ tada、 それこそが sorekosoga 命 inochi にふさわしい nifusawashii 心 kokoro を wo 失 na くすのに kusunoni 値 atai した shita その sono 喪失 soushitsu は ha 喜 yoroko びと bito 悲 kana しみは shimiha 引 hi き ki 換 ka えじゃなかったはずだ ejanakattahazuda 道 michi すがら sugara 何 nani があった gaatta? その sono 答 kota えこそ ekoso 今 ima の no 僕 boku で de 希望 kibou なんて nante いとも itomo 容易 tayasu く ku 投 na げ ge 捨 su てる teru 事 koto はできる hadekiru 心 kokoro さえなかったなら saenakattanara 光 hikari と to 陰 kage. 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土鋼 鉄より人肌 無意識に選ぶのが冷たさより温みなら その汚れた顔こそ命にふさわしい 身の程知らずとののしった奴らの 身の程知らなさを散々歌うのだ 前に進む為に理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値するその温もりは 二人になれなかった孤独と孤独では 道すがら何があった?傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に歩幅すら共にした 裏切られたっていいと道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを探してばかりいるけど そうじゃなく喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も旅路と呼べ 世界を欺くに値する僕らのこれまでは 一人になれなかった寂しがりや共が集って 道すがら何があった?傷つけて当然な顔して そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 愛した物を守りたい故に壊してしまった数々 あっけなく打ち砕かれた願いの数々 その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して そこで死んでもいいと思える一歩こそ ただ、ただ、それこそが命にふさわしい 心を失くすのに値したその喪失は 喜びと悲しみは引き換えじゃなかったはずだ 道すがら何があった?その答えこそ今の僕で 希望なんていとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰. 2017年2月23日発売の・Xbox One・Windows用ソフト『』とのコラボ作品である。
に 歌詞 命 ふさわしい

その答えこそ今の僕で 希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 心さえ 心さえ 心さえなかったなら 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰 光と陰. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは 一人になれなかった 寂しがりや共が集って 道すがら何があった? タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 私もあなたの意見の解釈に賛同です。 概要 [ ] 前作「」から約1年半ぶりのシングル。

1
初回盤にはDVD、オリジナル絵本のほか、同ゲーム内で使用できる「ポッドスキン:amazarashiヘッド」のプロダクトコードが付属する。
に 歌詞 命 ふさわしい

amazarashiさん『命にふさわしい』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

19
に 歌詞 命 ふさわしい

15