出 オチ。 出オチラジオを聴いた後に読むブログ

オチ 出

また、に。 主に変な服装・格好・メイク、あるいは裸・裸に近い格好で登場すること。

初っ端がクライマックスで後は蛇足。
オチ 出

概要 として一躍脚を浴びた「()」の者。 出落ち(でおち、出オチ)とは、一番はじめに(の一番重要な部分)が存在することである。 ただしその発想は他者の追随を許さず、単なるに留まらないがる。

6
しかし、これが終わってみると……私はただ一言「丁寧」という言葉が浮かびました。
オチ 出

キャラ作成 アルティメット待ちガイル はの。

爆発オチ 結末で漫画的に爆発すること。 「内輪受け」とも呼ぶ。
オチ 出

しぐさ落ち 身振りで表して終わるもの 話芸による落語のなかでも特異であると言える。 以降、第四部まで済。 「渡部は今年6月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で複数の女性との不倫が発覚し、多目的トイレで性行為に及んだなどと伝えられたことで、世間から猛バッシングを浴びました。

考え落ち パッと聞いたところではよく分からないがその後よく考えると笑えてくるもの。
オチ 出

謎解き 物事の展開が観客にとっての謎を生むことで心理が不安定に傾き、その後に謎が解決して安定することで笑いが起きる。

14
モンスターが登場するファウンド・フッテージものは大量にありますが、「目撃者が撮った」という設定に甘んじ、肝心のモンスターを殆ど映さないものは多くあります(それで面白い場合もありますが)。
オチ 出

演者が実際に高座で倒れる「」が代表例。 ぶっつけ落ち 全く関係のないことで終わりにする。 によってはどころかを見た時点でが始まることも。

17
単なるテンポ良く畳み掛けるとも言え、特に子供達が受けるギャグに多く見られる。
オチ 出

彼女はどうして死んだのか? いったい事件現場で何が起きたのか? その謎を解き明かすべく、ジェーン・ドウは遺体安置所での検死に回される。 落語の落ち [ ] 古典的な分類 [ ] の落ちとしては最も一般的な分類法だが、分類の視点が統一されていないなどの欠点があるため、新しい分類が複数考案されている。

6
演者やスタッフ・関係者にはウケるが、周辺事情を知らない観客・視聴者にとっては理解できず、常連やマニアを対象にした手法と言える。