悲しき 街角。 【歌詞翻訳・意味解説】Del Shannon/デル・シャノン Runaway/逃亡(悲しき街角)【歌詞翻訳・意味解説】

街角 悲しき

すべて• もうひとつ、「悲しき街角」のユニークな点に、サウンドの面白さがある。 曲の雰囲気に合っています。 63年にイギリス公演を行なったデル・シャノンは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでビートルズと共演(シャノンがヘッドライナーを務めた)。

8
ベース• メロディ• 1983年• プリティ・リトル・スー Sue's Gotta Be Mine 1963 全米71位・全英21位• ランクイン週数 17• あるとき、地元ミシガンのクラブで演奏していたデル・シャノンは、マックス・クルックがスタンダード曲「Blue Moon」でおなじみのコード進行にちょっと変化を加えて弾いているのを聴いて、すごく新鮮に感じ、それを発展させようとトライしてみた。 テンポの早い「悲しき街角」は、自然と悲しい響きのする短調から明るい長調に変化します。
街角 悲しき

主な楽曲 [ ]• 「アンダー マイ サム」 1967? ピアノ演奏は ()、間奏の ()演奏はシャノンのバンド仲間の ()。 カテゴリー• 1,661 Seconds With Del Shannon 1965• 流行時期(いつ流行った?) デル・シャノン(Del Shannon)さんの 「悲しき街角」は、昭和36年(1961年)にヒットしました。 1991年10月1日、 リンとトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのギタリスト ()の作業で遺作アルバム『 ()』がリリースされる。

1
1962年• (1982年にはシャノンのツアーにペティがゲスト参加した) 1981年、トム・ペティがプロデュースしたアルバム『Drop Down and Get Me』を発売する(全米123位)。 カヴァー・ポップス全盛期ですので、 飯田久彦さんの日本語歌唱盤もヒットしています。
街角 悲しき

これ以降シャノンの他の曲の邦題にも「街角」が使われるようになり「街角男」の異名を授かった。

そんなデル・シャノンの個性豊かな作品群は、我が国でも人気を集めた。 1987年、20代の女性と再婚。
街角 悲しき

This Is My Bag 1966• 『』(1981年)• オールディーズ・ポップスを中心に、音楽誌やCDのライナーに寄稿。 1961年リリースのデビューシングル。

1
ここから4週間も首位の座を守った大ヒット・ナンバーにして、デル・シャノンの代名詞ともいえるこの名曲が、彼にとっての記念すべきデビュー・シングルだった。
街角 悲しき

さらば街角 So Long, Baby 1961 全米28位・全英10位• ビルボード1位を獲得したヒット・ナンバー。

スイスの娘 1962 全米64位・全英2位• 高校時代にはを結成、にも出入りし活動を開始する。
街角 悲しき

(クロク考案のクラヴィオリンはミュージトロンとも呼ばれる) タイトル原案は『リトル・ランナウェイ』であった。

4
まとめ オルガンソロ以降は、Bメロに戻って、 そのままサビにいき、アウトロにいくため、 コード進行は同じです!なので割愛します!. すべて• 859• アメリカでビートルズ旋風が吹き荒れる半年以上前の出来事だった。
街角 悲しき

1961年 デビュー曲• 原題はRUNAWAY 「悲しき街角」の場合は、センスのある邦題であると感じます。 日本ではこの曲がA面として発売された。

11
オールディーズ・ポップスを中心に、音楽誌やCDのライナーに寄稿。