カインズ アプリ。 「CAINZアプリ」リニューアル|株式会社カインズのプレスリリース

アプリ カインズ

既存のお客さんのストレスを軽減して、機会損失を解消することで、売上を増やすものです。 これに加え、従業員がお客さんに適切に商品・売り場を案内することにより、機会損失が解消され、売上の増加にも繋がります。 次なる成長に向け、現在最も力を注ぐのが「デジタル戦略の強化」だ。

7
商品棚のバーコードの商品名で入力してもヒットしない(はぁ?何コレ??)早い話し直接店へ出向き、自力で探した方が早く見つけられる。
アプリ カインズ

お客さんは百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニなど、様々な店舗で買い物をします。 商品一覧を見ている時、続きを読み込むボタンを押すのではなく、スクロールしたら自動で読み込んでほしい。

15
ホームセンターの従業員の立場では、できるだけ無駄な接客の時間を減らしたいです。
アプリ カインズ

新規顧客の獲得が難しい状況にあるホームセンターは、今現在買い物をしてくれている、既存のお客さんを一層大事にしたいです。 さらに、店舗メンバーにとっても、接客業務の約8割を占める商品の売り場や在庫状況を知りたいというお客様への対応をアプリが行うことで、接客を効率化できるメリットがあります。 送料がかかりませんし、その場で実際の商品を確認してからご購入いただける点も特徴のひとつです。

12
例えば、「ほしい商品がどこにあるかわからない」「在庫があるかどうか、店舗に行ってみないとわからない」といったものです。
アプリ カインズ

・「よくある質問」ページの閲覧ができません。 店舗では、お客様の要望を店舗メンバーが聞いて、この商品がいいですよ、というように提案します。

・アプリの検索機能を通じた 接客の効率化 ・ 短時間・非対面ショッピングの促進 新しいアプリ開発のきっかけ カインズでは、2014年からカインズアプリを提供しています。
アプリ カインズ

また、商品検索機能では、マイストアの気になる商品や店舗の在庫状況を簡単に検索でき、さらに売場の位置が見えるようになります。 例えば、水漏れという困り事に対しては、蛇口だけでなく、配管のつなぎ目に必要なシールテープを合わせてご提案します。 ホームセンターの従業員の主な業務は、接客と商品の補充です。

12
広告見るだけなら使えるかもしれないが、商品探すツールに使うのであれば大幅に改善しなければ使えないアプリです。
アプリ カインズ

実際に多くのお客様に検索を利用していただいているので、今後はレコメンドなどの機能も拡充したいです。

10
今後は30〜50代のターゲット層、特に利用者の多い女性のお客様に親和性の高いポイントやクーポンも強化していこうと思っています。
アプリ カインズ

それまでのカインズは顧客向け会員アプリを除き、全て開発をベンダーに丸投げしていた。

1
「Find in CAINZ」は従業員の商品の補充、接客の負担を軽減するだけでなく、新規従業員の採用でも効果があります。 そこで、目的の商品の売り場や在庫数をお客様がご自身の端末で確認できれば、お客様の「煩わしさ」を少しでも改善できるのではないかと考えました。