暴露 本 トランプ。 トランプ氏の姪 暴露本で米大統領は「精神病者」

本 トランプ 暴露

それでは、 「今週のニュースな英語」は 「tell-all」を取り上げます。

3
祖父フリードリヒ・トランプは、ドイツ西部の小さな村に生まれ、アメリカへと渡った移民。
本 トランプ 暴露

二人とも頼れる側近がいない、身内から人気がないという点も共通していて、日米「スキャンダル政治家」のあまりのそっくりぶりに驚くばかりでした。

4
世の中は勝つか負けるかのゼロサムゲーム。 しかし、そうした愛情表現は、フレッドにとって忌み嫌うべきものだった。
本 トランプ 暴露

暴露本ではドナルドの脱税や替え玉受験を指摘するだけでなく、メアリーによるドナルドの人格分析がされている。 ・ハフポスト日本版の下記の記事を翻訳・編集しました。 やにおもねる理由 その臨床心理士が本書に記述したトランプ大統領のメンタル(精神、心、心理)は以下のようなものだ。

4
1s;transition-property:width,background-color;transition-delay:0s,1. 出版前、トランプ氏の実弟・ロバート氏が裁判所に出版の差し止め請求の訴えを起こしました。
本 トランプ 暴露

sponsor-logo-separator u,body u,. 折しも(判決は予定されていたものだが)発売の4日前、米連邦最高裁はトランプ氏の納税その他の財務記録をニューヨーク大陪審に開示することを命じた *1。

1
いずれにせよ、メアリーさんは、父親フレッド氏を亡くした16歳の頃から叔父を定点観測してきた。
本 トランプ 暴露

トランプ氏はそれはまさに正しいことだと思っていた。 米南部テキサス州でナイジェリア系黒人の父親と白人の母親の間に生まれ、両親の離婚後、母親と弟と米西海岸シアトルに移住。

3
客引き、ペテン師、極悪人 すでにメアリーさんの本を通読したというリベラル系ニュースサイト「デイリービースト」の編集主幹、モリ—・ジョンファスト氏はこう評している。 弾劾裁判で証言するべきだった情報を自著として出版し、その前金が200万ドル(約2億1200万円)だったことでも、出版社と著者の両方に対する批判があり、本書の取り扱いを拒否している独立系書店もあるという。
本 トランプ 暴露

その邦訳本が9月15日、日本でも緊急出版された。 著者が「大学卒業」という特権を手にできたのは、周囲の環境や支援が整っていたからこそ。 我々は狂った街にいる。

20年5月にミネソタ州で黒人のジョージ・フロイドが白人警官に暴行され命を落とした事件以降、再注目され、ベストセラーリストの上位に登場している。 トランプ暴露本「Fear」の内容 ウッドワードはワシントンポスト紙の編集主幹として勤めているが、若い頃から政治関連の裏側を暴く捜査力で有名だ。
本 トランプ 暴露

幼い頃の生活は非常に貧しかった。

8
ジョージ・W・ブッシュ第43代大統領に指名された保守派ジョン・ロバーツ首席判事(最高裁長官)も賛成票を投じた。
本 トランプ 暴露

一、ドナルド氏はそうした父親の性癖を知り、父親の顔色をうかがう狡猾さを幼い頃から習得し、失敗した責任はほかの人間に擦り付け、自己防衛のためには平然とウソをつくようになった。

2
本の一部が公開された後、民主党の大統領候補をほぼ確実にしているジョー・バイデン氏は「もしこの本が主張が正しいのであれば、道徳面で不快であるだけでなく、アメリカ人の利益を守り、価値を保護するという神聖な義務にドナルド・トランプ大統領は反したことになる」とトランプ大統領を強く非難した。
本 トランプ 暴露

そうした気質についてメアリーさんは、自分の利益にしか関心のない「ソシオパス(反社会的人格)」だった祖父の下でトランプ氏が育ったことが影響したと分析。 いくつか本の中で書かれていることを紹介する。 4 How to Be an Antiracist Ibram X. この本は、元国家安全保障アドバイザーのジョン・ボルトンのベストセラーと同様にトランプ大統領についての批判をしている本です。

メアリートランプの暴露本出版決定 ドナルドトランプ大統領 メアリートランプの暴露本が7月14日に出版が決定。 Daily Beastの記事によると、マリー・トランプはトランプ大統領らが、脳性マヒを患った甥を見殺しにしたと主張しているという。