清水 の 舞台 から 飛び降りる 意味。 「清水の舞台から飛び降りる」の意味や語源とは?例文や類語も

の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

清水寺には高い崖に張り出して作られた舞台があり、その崖から飛び降りると所願成就のときに怪我をせずに済み、もしくは死んで成仏できるといわれ、身を投げる者が絶えなかったという。 「清水の舞台から飛び降りる」の意味とは? 「清水の舞台から飛び降りる」の意味は「思い切って大きな決断をする」 「清水の舞台から飛び降りる(きよみずのぶたいからとびおりる)」とは、思い切って大きな決断をするという意味のことわざです。 これ以降は、大きな災害に見舞われていないので、今の本堂は400年近く変わらぬ姿で参拝者を迎え続けていることになるのです。

7
清水寺を訪れた際、ふとこういうことを考えながら見学するのも旅の面白さかもしれません。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

なぜわざわざそんな危険な真似をしてまで人々は飛び降りたのでしょうか? その理由は 「願掛け」なんだとか。 【注釈】 「清水」とは、京都市東山区にある音羽山清水寺のことで、北法相宗の総本山。

3
また「平成の大修理」の間は足場が組まれて舞台から下を眺めることも難しい状況です。 万が一、運悪く命を落としてしまったとしても、そこは清水寺の観音様のお膝元。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

古代ローマ時代、カエサルが命令に背いてルビコン川を渡ったことが由来しており、その時に放った「賽は投げられた」ということわざも広く知られています。 たくさんの方に訪問していただきありがとうございます。

9
この高さから飛び降りると普通は死んでしまうか、運が良くても重症を追うことになるでしょう。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

2013年8月23日追記 この記事が、2013年8月22日のYahoo! これは年間平均で1. 「ルビコン川を渡る」の例文• しかしながらこの中で死亡者は34人であり、生存率はなんと約85%になります。 「清水の舞台から飛び降りるつもりでマンション購入を決意した」などと、日常的な買い物とは違う特別な買い物に踏み切ったときに用います。 ちなみに、飛び降りた際に死亡する人は15パーセントくらいの確率だそうで、いくら願いが叶うからといっても、かなりリスクのある願掛けだったことは確かなようです。

9
そのため身を投げる人が絶えなかったという。 「清水の舞台から飛び降りる」の意味!舞台ってどこ? 「清水の舞台から飛び降りつもりで、やってみます!」 そんな感じで使っていますよね。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

09 「 清水の舞台から飛び降りる」ということわざは、「思い切った決断をする」という意味で使われます。 この言葉に出てくる清水の舞台は、急な崖に張り出して作られた場所のことをさします。

15
舞台から飛び降りるという視覚的に訴えかけるたとえがわかりやすいためか、ビジネス系の記事などでもしばしば用いられます。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

これによると、飛び降りた理由は「病気が治るように」「夢が叶うように」といった、いわゆる願掛けとしてが大半だったようで、自殺目的というわけではなかったようです。 それが 検非違使・忠明の話である。

脇に挟んだ板のおかげか、無事に男たちから逃げ切ることができたという。 現在は当時と状況が代わり、舞台の下の木々も少なく、舞台の下が固い土やコンクリートなので確実に死に至ります。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

一般に飛び降りなんていうと、この世に絶望して命を絶とうとしている人の行動に思えますが、当時飛び降りた人たちはまるで逆。 「Cross the Rubicon」は「ルビコン川を渡る」を直訳した文章ですが、実際に海外で使用されている表現です。 そうです、助かったんですよね。

清水寺の観音さまに祈って飛ぶと、命も助かり願いも叶う! そんな願掛けをするために、人々は飛び込んだんですね。 普段、何気なく使っている言葉の語源を調べてみると、興味深い発見があるものです。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

なにしろ江戸時代だけで、それも記録が残っているだけで、235件、234人が飛び降りたんだとか。

17
で、逃げ場を失った検非違使、観音様に命運を託し、「えいやっ」とばかりに清水の舞台から飛び降りたところ、難を逃れたといいいます。
の から 意味 舞台 清水 飛び降りる

清水寺のご本尊は「十一面千手観世音菩薩」で、人々を苦難から救うとされ、篤く信仰されています。 これは江戸時代の 「傘を差して清水の舞台から飛び降りると恋が成就する」などという俗信によるもので、 恋を成就させたい若い女性が傘をさして清水の舞台から飛び降りたエピソードを示しています。 現在、清水寺は、京都で一番人気がある観光名所となっていますが、そこに向かう五条坂の南側が今も墓地なので、以前は、この辺り一帯が葬送地であったことがうかがえます。

江戸時代の記録から遡ること、はるか昔の鎌倉時代のエピソードだと考えると、あながち間違いではないかもしれない。